大学の先輩に一目惚れ片思い

当サイトおすすめ!
会員数6.5万人、成婚率57%の結婚相談所「Bridalチューリップ」
→ 本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

徹底的にサポートを受けられるので、仕事の都合で新たな出会いがない人や忙しい人でも利用しやすくなっています。




片思いが両思いに...

大学,先輩,一目惚れ,片思い,両思い

 

片思いを抱く人って今世界でどれぐらいいるんですかね。
ふと思ったことあります。笑
そしてそこから両思いになる人は?

 

片思い中の期間って嬉しくも切なくもある期間です。
・あの人が好きになってくれるようにダイエット頑張る!
・あの人が違う女の子と仲良く喋っていた。ガーン
というような感じです、雑な表現で申し訳ないです笑

 

このような経験をして人はどんどん成長しますし
自分自信を知れるきっかけにもなりますよね。

 

今日は片思いがテーマの体験談をご紹介いたします。

 

うぅ、切ない、けど発展がありそうで気になります。
男子大学生の片思い物語をどうぞご覧ください。


大学の先輩に一目惚れ、、告白したら

大学,先輩,一目惚れ,片思い,両思い

当時都内の大学に通っている大学2年生でした。
サークルに入っているのですが、いわゆる飲みサー。笑
毎日のバイトはこの飲み代に消えてしまいます笑
入学当初、1つ先輩のめっちゃ可愛い先輩がここのサークルだと知り、速攻でこのサークルに入りました。
その女の先輩はみんなから慕われて、誰しもが憧れるような女性でした。
少し姉御肌なんだけど、優しくて気も使える人。そんな感じです。

 

その先輩は僕の同年代の中でも1番に僕のことを気に入ってくれていて
プライベートでも2人で遊んだりするぐらい仲良くなれたのですが
出だしから下心満載の僕からしてみればドキドキしまくり絶頂状態が続いたのを今でもはっきり覚えています。笑

 

僕が3年生になり、先輩は4年。
彼女にとっては最後の年ですが、僕たちの関係は相変わらずの先輩後輩のままで
なんの進展もありません。
そりゃそうです、彼女には彼氏がいましたから笑
その彼氏がとても憎い人で、めっちゃイケメンで器がデカい。
身長は僕が勝っていましたが、器勝負は比にならないくらい男らしい人です。笑
いつも通り先輩と2人で遊んでいて、僕は思い切って告白したんです。
もう3年近く片思いをしているわけですから、いい加減言わないとタイミングを逃すと思って無理を承知で告白しました。

 

俺『たぶん気づいていたかもしれないけど俺〇〇さんのことずっと好きでした!先輩に彼氏がいるのは知っています。でも気持ちを伝えたくて言いました!すいません!』

 

先輩『びっくりしたぁー。急にそんなこと今言わないでよ。。。彼氏とは一昨日別れたよ。』

 

俺『えっ?』

 

先輩『うん、別れたんだ。。でも●●君とは付き合えない、ごめんね。別れた彼氏と付き合う前は●●君のこと好きだったんだけどでも今は違う好きな人がいるの。もっと早く言ってよ〜。』

 

俺『は、はぁ。』

 

 

最悪です。
勇気を出して告白した結果、新事実発覚&おれ好きだった事件。
もう最悪です。
超タイミングが悪かったとこんなに後悔した日はありません。泣

 

 

その後は、微妙な空気が流れ、駅で別れてからバイバイしました。
それからというもの、相変わらず微妙な空気が続き、次第に僕はサークルにあまり顔を出さなくなりました。

 

そんな日々が約1か月ほど続き、ぼーっとしている時に先輩からメールが入りました。
僕の心配をしてくれて、今度お茶でもしようという誘いでした。
まだ好きだったし、お茶を断る理由もないので後日お茶をしました。
先輩は本当に僕のことを心配してくれていて
何だか和んだ空気の中、僕たちの会話が途切れることはなく今まで以上に仲良くなれた気がします。
そして、これを機に吹っ切れたと思います。

 

それからは先輩も僕もお互いに恋愛相談をし合います。
時期は違えど互いに好きだった時期があったから、
的確なアドバイスをお互いにし合えていると思います。
友人として。

 

 

卒業してからも先輩とは連絡を取り続け、僕も社会に出て2年目です。
僕は先輩との失恋から3人の女性と付き合い、今は彼女がいません。
先輩も今彼氏がいないようです。
そんな先輩と今度酒を飲みます。
そのお酒の場も楽しみですが、
社会に出て少し大人になった僕をどう見てくれるのか少し楽しみです。
そして何より先輩に会えるのが嬉しくて仕方がありません。

 



当サイトおすすめ!
会員数6.5万人、成婚率57%の結婚相談所「Bridalチューリップ」
→ 本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

徹底的にサポートを受けられるので、仕事の都合で新たな出会いがない人や忙しい人でも利用しやすくなっています。





ホーム RSS購読 サイトマップ